About Hidemi

主にFPGAに関する技術アイデアのための備忘録を展開しています。

Free HTML5 Template

興味のあること

  • 萌系アニメ
  • FPGA
  • 画像処理
  • 通信(Ethenret)
  • 高位合成

Features

画像処理をする高位合成処理系などの統合開発環境を構築を進めています。

高位合成処理

新フェーズを計画中。

統合環境

高位合成からFPGA化、Linuxディストリビューションからクロス開発環境までトータルで使いやすいプラットフォーム環境の開発を進めています。

クラウドFPGA

クラウド経由でFPGAを使用する実験を計画中。JavaScriptでクラウドに配置されているFPGAの書き換えを可能にしてリモートでアクセス可能にする機能を計画中。

Webで開発

Webブラウザ上でブロックモデリング開発を計画中。Webブラウザ→Vivado→FPGAの流れを計画中。

@hidemi_ishihara

Twtitterで呟いています。ブログに書く必要のないネタや速報はTwitterで、サポートもTwitterでご質問くださいませ。
https://twitter.com/hidemi_ishihara

RSS配信

RSS配信を復活しました。最新の5件分を配信中です。こちらのURLをRSSリーダに登録してください。
http://www.sweetcafe.jp/?rss

Blog

NanoPi NEO Plus 2でLチカやってみた

ラズパイに引っ掛けていろんなPiシリーズがありますが先日、NanoPi NEO Plus 2を入手してたのをようやく動かしてみました。

娘に「これでプログラムでも書いてみる?」と言ったところ興味を示さなかったんだけど、「これでLEDをチカチカさせることができるよ」と言ったら食いついた。

まだ、動作させていなかったのでついでに動作確認もするかなぁ・・・と、思ったらPythonで動かすらしい。

娘にPythonを覚えさせるか・・・(^-^;

入手していたのはNanoPi NEO Plus 2BakeBit Starter Kit

写真の左側のボードがNanoPi NEO Plus 2でBakeBit Starter Kitはクリアケースに様々なセンサーやスイッチなどが入ってきます。

NanoPi NEO Plus 2のいいところはeMMCが実装されていて動作するOSのが書き込まれています。

デフォルトではUbuntu 16.04 LTSが書き込まれていました。

そこで、有線LANを接続してDHCPのIP範囲をpingしてみて見つかったらsshでログインする。

$ ssh pi@192.168.1.200

BakeBit Starter Kitが使えるように環境を整えます。

git clone https://github.com/friendlyarm/BakeBit.git
cd BakeBit/Script
chmod +x install.sh
sudo ./install.sh

install.shを実行し終わると自動的にリブートする。

Making libraries global . . .
=============================

Please restart to implement changes!
  _____  ______  _____ _______       _____ _______ 
 |  __ \|  ____|/ ____|__   __|/\   |  __ \__   __|
 | |__) | |__  | (___    | |  /  \  | |__) | | |   
 |  _  /|  __|  \___ \   | | / /\ \ |  _  /  | |   
 | | \ \| |____ ____) |  | |/ ____ \| | \ \  | |   
 |_|  \_\______|_____/   |_/_/    \_\_|  \_\ |_|   

Please restart to implement changes!
To Restart type sudo reboot
To finish changes, we will reboot the Pi.
Pi must reboot for changes and updates to take effect.
If you need to abort the reboot, press Ctrl+C.  Otherwise, reboot!
Rebooting in 5 seconds!
Rebooting in 4 seconds!
Rebooting in 3 seconds!
Rebooting in 2 seconds!
Rebooting in 1 seconds!
Rebooting now!  
Connection to 192.168.1.208 closed by remote host.
Connection to 192.168.1.208 closed.

これで環境は整いました。

右のコネクタボードをNano Pi NEO Plus2に実装します。

そして、サンプルスクリプトを実行するだけですねん。

cd ~/BakeBit/Software/Python
sudo python bakebit_led_blink.py

こんな感じでLチカできます。

いやぁ、サンプルあるので簡単です。

Python知らなくても動かせます。

ソナー付けて距離を計ることも可能です。

OLEDなんかもキレイに表示できます。

参考URL

http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/Main_Page

http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/BakeBit_Starter_Kit_with_NanoPi_NEO/NEO2/NEO_Air

http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/NanoPi_NEO_Plus2

2017年08月16日 22時31分55秒 - Permament Link

BOOTHの手順確認

BOOTHで通販を開始したのですが、手順通りで問題ないか検証してみました。

もちろん、自分宛ての発注と現物も自分宛ての発送を行います。

検証のポイントは次の3点です。

  • 通販申し込みと支払い
  • 発送完了通知
  • 現物の発送状況

通販申し込みと支払い

BOOTHの支払いはPaypal・クレジットカード・銀行・コンビニの4つが使えます。

今回はPaypalで支払いを行いました。

Paypalで支払うとPaypalからBOOTHに支払いを行った通知が届きます。

BOOTHから申込者が支払いを完了した通知が届きます。

銀行・コンビニ支払いの場合、90円の手数料が発生します。

発送作業

今回の発送はクリックポストを使用しました。

ここで自分宛てに発送作業を行います。

発送完了通知

BOOTHで発送完了通知を発行します。

そうすると、BOOTHから発送完了通知が届きました。

現物の発送状況

日本郵便から現物を受領しました。

たまたま、出かけるときだったので家から外に出た時に日本郵便の配達員と出くわしました。

家のポストには入らなかったらしく、無理やり入れようと頑張ったようです。

それでも入らないところへ、家から人が出てきたということで手渡しになりました。

梱包状態は外装がポストに無理やり入れようとして、四隅に凹みがありました。

発送上、凹みが出るのは想定内です。

内装は透明の袋に入れて発送しているので外装の四隅の凹みは透明の袋の四隅がクッションになって影響はありませんでした。

結果

問題なく発送の確認が取れました。

日本の輸送業者の場合、それほど梱包状態は悪くなることはないので問題になるケースは稀と思います。

2017年08月15日 02時49分07秒 - Permament Link

「AGPF WORKS Vol 2.0」通販お知らせ

若干、通信販売の追加情報になります。

2017年8月11日(金)〜13(日)に東京ビックサイトで開催されたC92(夏コミ)で頒布した新刊「AGPF WORKS Vol 2.0」の通販をBOOTHで開始しました。

通販情報

項目 詳細
タイトル AGPF WORKS Vol 2.0
発行日 2017年8月11日
サイズ B5版
頁数 120p
価格 1,500円(送料・税込)

お支払い方法について

BOOTHではPaypal、クレジットカード決済に加えて、銀行(ATM決済・ネットバンク決済)・コンビニ決済が可能です。

銀行・コンビニ決済では手数料として90円のご負担をお願いします。

送付について

送付は決済完了後、3日以内を目標で発送しております。

銀行(ATM決済・ネットバンク決済)・コンビニ決済を土日祝で決済された方は受領確認が銀行などの翌営業日になりますので、銀行などの翌営業日以降の確認後の発送になります。

お品書き

今回のお品書きは次のようになります。

Chapter.1 「最新のFPGA開発環境(ツール編)」
 1-1. Vviado Design Suite - HLx Edition
 1-2. Vivadoのメニュー
 1-3. GTx
 1-4. SDx 2017.1
 1-5. Yocto Project 2.3(pyro)
 1-6. FPGA評価ボード
 1-7. UltraZedファースト・インプレッション

Chapter.2 「やってみたよパーシャル・リコンフィグ(最新のFPGA開発環境)」
 2-1. パーシャル・リコンフィグ

Chapter.3 「FPGA開発」
 3-1. FPGAプリミティブを直接使う(前編)
 3-2. クロックを載せ替える

Chapter.4「RISC-V開発(続編)」
 4-1. 俺々RISC-V vs 他RISC-V
 4-2. 俺々RISC-VにOSを実装する

Chapter.5「難しいよSDSoC(高位合成)」
 5-1. SDSoCでチューニング
 5-2. SDSoCでポインタ

Chapter.6 「その他の出来事」
 6-1. 気になるツールたち
 6-2. FPGA関連イベント&勉強会
 6-3. 技術書の創り方
2017年08月14日 03時13分30秒 - Permament Link

コミケで多かった話題

コミケではいろいろな方とお話できて楽しかったです。

それぞれの方とは短い時間になるのですがいろいろなお話できるのもコミケの醍醐味の一つですね。

その中で多かった話題をいくつか紹介します。

一番多いのはツールが使えるかどうかのところ・・・

Vivadoは使えますか?

これ、一番多いですね。

特に、多かった話題が「Vivado 2016.4で止まっているのですがVivado 2017.xは使えますか?」というもの。

皆さん、Vivado 2017.xにはなかなか進めないようで・・・

SDSoCは使えますか?

Cソースをちゃんとハードウェアにできるかという点で心配されている方が多かったです。

パーシャル・リコンフィグは使えますか?

ツールが使えるかを気にされている方が多かったです。

まだ、ISEなんですが・・・

「まだ、ISEでVivadoに進めてないのですが・・・」

まだまだ、ISEで現役な人もちらほら・・・

評価ボードって高いですよね。

ZynqやFPGAやってみたい方に多い話題です。

興味はあるけど、高額なので買ってできないかった場合のリスクが大きいようですね。

皆さん、同人誌購入にはかなり投資してらっしゃいますがね・・・(^-^;

Zynqって難しいですよね。

難しく感じられる方が多いのも事実のようです。

FPGAって魔法のデバイスですか?

各社のニュースリリースなどを見ているとそう感じる方もいられるようです。

いつ、デバッグや原稿の時間を取っているんですか?

これも多かった話題の一つです。

これはまた次の機会で検証みよう・・・。

2017年08月14日 02時42分16秒 - Permament Link

夏コミ本をBOOTHで通販を開始しました!

BOOTHにて、夏コミ新刊「AGPF WORKS Vol2.0」の通販を開始しました。

購入用URL: https://aquaxis.booth.pm/items/592621

BOOTHのサークルページ: https://aquaxis.booth.pm/

送料込みで¥1,500です。

2017年08月13日 01時00分55秒 - Permament Link